桑名市フローラル歯科
診療時間
TEL 059-48-6487
HOME ドクター紹介 治療方針 初心の流れ フローラル歯科の特徴 アクセス
小児の歯科治療
1
2
3
4
5
ネット予約
インターネット予約をご利用の方へ
システムの都合上、インターネットでのご予約に不具合がある場合がございます。
誠に恐れ入りますが、その場合はお電話にてご予約くださいますようお願い致します。
当院の休診日のメールについて
メール設定について
ドメイン設定について
地図へ
〒511-0106
三重県桑名市多度町多度632-1
(30街区23)
フローラル歯科クリニック
院長 廣田好昭
℡番号
0594-48-6487
スタッフ募集
小児歯科
上手に治療を受けて頂けるお子様
    ・・・成人と同様にほぼ全ての治療が可能となります。
 治療中に動いてしまうお子様でも可能な治療内容
定期的な歯のクリーニングは可能です。
歯医者さんに慣れる為に重要なことと言えます。
虫歯ができる前から歯医者さんに通う習慣を付けておきましょう。
定期的なフッ素塗布
小さい時に虫歯ができると小さな虫歯でも治療が大変です。
できるだけ虫歯にならないように定期的にフッ素塗布しましょう。
フッ素は青リンゴ、ぶどう、レモン味の中から選んで頂けます。
ほとんどの方は抵抗なくフッ素塗布できます。
咬合面(歯の噛む溝の部分)に生じた虫歯は治療可能です
 (残念ながら歯と歯の間にできた虫歯は治療できないことが多いです。)
 当院で経験したこと
ある3歳くらいの女の子が当院に通院をしていました。
最初は歯医者が怖くて、院長の顔を見るだけで保護者の後ろに隠れてしまいます。
甘い物の摂取頻度が高いので虫歯になりかけている歯が沢山ありました。
 
その後3年間、定期的に当院で歯のクリーニングとフッ素塗布を継続することで完全に歯医者嫌いを克服し、今では笑顔で通ってくれています。そうしているうちに、6歳でついに治療が必要な虫歯が奥歯の歯と歯の間にできました。
それは残念なことだったのですが、すっかり歯医者に慣れてくれていたおかげでスムーズに治療を受けてもらえて、一回で治療が完了しました。今後はもう虫歯にならないように定期的な歯のクリーニングとフッ素塗布の継続をしてきます。
残念ながら当院では担当不可能な場合もあります。
(1) 歯医者に慣れる前に、大きな虫歯ができてしまった場合
(2) 歯を削る時などに「顔を大きく」動かして暴れてしまうお子様
(3) 外傷によって、歯が正しいポジションからずれてしまっていて整復(正しい位置に戻す)処置が必要なお子様
この3つに該当する場合は小児歯科の専門医様などへご紹介させて頂いております。
申し訳ございませんがご協力よろしくお願い致します。
小児歯科専門医等で治療完了後は、当院で定期的な歯のクリーニングやフッ素塗布をしていくことも可能です。
小児歯科のシステム
「小児は小型の成人では無い」と医学では良く言われるところです。
当院で小児歯科の治療を少しでもスムーズに行う為に備えている器具や材料をご紹介致します。いずれも成人で使うこともあります。
①ZOO(ズー)
唾液と舌の排除に役立ちます
②ラバーダム
唾液と舌の排除に役立ちますし、水が喉に行かないので楽に治療を受けられます。
③コンポジタイト
歯と歯の間の治療時には、材料が隣の歯にくっ付かないように配慮しますが、 その時に使う材料を手で抑えなくても治療できるようにするための器具です。
④3秒照射の光重合器(ペンキュア2000)
小児歯科ではじっとしていてくれる時間が成人より短いのでできるだけ短時間で治療を完了することが重要です。
通常は10秒〜20秒かかります。
必要に応じて臨機応変に器具を使いますが、それでも当院で対応できないケースもあります。
大変申し訳ありませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。
小児歯科の診療回数
治療内容自体は成人に比べてシンプルで少ない回数で治療を完了できます。
しかし、慣れるのに回数がかかるのと、本数が多いことがありトータルでは成人と同じくらい回数がかかることがよくあります。
保護者の方もご多忙かと存じますが、ご協力のほど宜しくお願い致します。
小児の治療で大事な3つのこと
お子様が泣くのは痛いからではなく「怖い」からです。
小児の歯科治療もほとんど痛くありません。
理由・・・お子様にとっては「怖い=痛い」だからです。
対策・・・日頃から歯科医院に慣れておくことが重要です。
治療中泣いてしまうことはあまり問題ではありません。
「まずいのは顔を動かしてしまうこと」です。
理由・・・安全に、難しい治療をするには顔が動かないことが必要です
対策・・・日頃から歯科医院に慣れておくことが重要です。
乳歯は虫歯の進行が早く、しかも重度になるまで自覚症状がでません。
理由・・・乳歯は永久歯よりも材質が弱いからです。
対策・・・定期的なフッ素塗布とレントゲン撮影による検査が重要です。
小児の虫歯治療で大事なこと
小児が虫歯になりやすいのはなぜ?
乳歯が酸に弱いから
飴やキャラメル、砂糖入りのガムなどが好きで、高頻度で1回あたりでも長い時間、砂糖が口の中にあるから。
では、どうしたらいいのでしょう?
乳歯は酸に弱いので、フッ素で強化しましょう!
(乳歯は永久歯よりもフッ素を吸収しやすいので効果的です)
フッ素入りの歯磨き粉(950ppm)を使いましょう!
歯科医院専用のフッ素(9500ppm)の塗布を受けましょう!
予め歯の溝をシーラントで埋めてしまいましょう!
全部の甘い物の摂取をやめるのは、ハードルが高いので、まずは、砂糖入りの飴、キャラメル、ガムをやめましょう!
砂糖入りのガムの代わりにキシリトールガムを噛みましょう!
フロス(糸ようじ)も使いましょう!
歯科医院で定期検診と歯のクリーニングを受けましょう!
〒511-0106 三重県桑名市多度町多度632-1 TEL 0594-48-6487 フローラル歯科クリニック
| TOP | 歯科医師紹介 | 治療方針 | 初診の流れ | 当院の特徴 | アクセス | スタッフ募集 |
| こだわり1 | こだわり2 | こだわり3 | こだわり4 | こだわり5 | 予防歯科 | 一般診療 | 根管治療 |
| 咬合平面 | パノラマ撮影で発見 | 外科処置 | 小児の治療 | 矯正歯科 | 訪問口腔ケア | 訪問歯科診療 |
| 小さなお子様を持つママへ | 歯が痛いのに虫歯じゃない!? | お口のチェックリスト | 目指そう!!歯科衛生士 |