光機能化インプラント【宮本歯科インプラントクリニック】骨接触面積約98%を超える光機能化インプラント/加古川 インプラントクリニック

加古川 宮本矯正歯科 ロゴ
〒675-1115 兵庫県加古郡稲美町国岡2-6-9
宮本歯科 インプラントクリニック
予約 0120-102-418 無料相談メール
インプラントを成功に導く最先端技術 光機能化インプラント
TOPページ
歯を失って悩んでいませんか?
インプラントとは?
従来の治療との違い
インプラントの種類
光機能化インプラント
治療の流れ
CTを撮るのはなぜ
インプラント QandA
治療費と保証について
患者様の声
宮本歯科のスタッフ紹介
初診の方の受付は
18:30 土曜(18:00)
GoogleMap
宮本歯科医院オフィシャルサイト
光機能インプラント
 インプラント治療をより成功に導く画期的な技術
チタンエイジング問題
これまで、インプラント手術の成功率は、使用するインプラントメーカーや、そのインプラントの表面形状の違い、術式、歯科医師の技術力に大きく影響されると考えられてきました。
しかし、最近の研究で実はインプラント体の原料となる「チタン」表面の経時な変化、すなわちチタンエイジングが失敗の問題であるということに着目されたのです。
 インプラントの接着力が大幅に上がりました
スーパーオッセオインテグレーション
インプラント周囲にどのくらい骨ができているかは、「骨インプラント接触率」でというもので判定します。 通常、インプラントの骨の接着面積は40%〜60%程度が限界でした。
しかし光機能化したインプラントでは、骨接触面積約98%を超えるのです。
 インプラントの光機能化
チタンエイジング現象の回復方法として発見および技術開発されたのが、「光機能化技術」です。
光機能化技術とは、紫外線領域内の特定波長をもつ複数の光線で、決められた強度で、ある一定時間、インプラント表面を処理する技術です。しかし、最適化された波長・強度をもつ複数の光を組み合わせ、しかも、照射時間を順守しなければ効果は得られません。
例えば、通常販売されているブラックライトを15分間照射しても、何の生物学的効果も得られません。光機能化により、インプラント表面は、チタンエイジングから回復するだけでなく、+αの効果が付与されます。
まず物理学的変化として、インプラント表面が撥水性から超親水性へと変化するとともに、血液に対する親和性も著しく向上します。
ただし、この親水性だけが能力の高いインプラントを特徴づけているわけではなく、この他にも様々な物理化学特性が向上することによって、骨結合能力の増加につながるのです。
光機能化チタン表面での骨インプラント接触率は、98.2%に達し、事実上、ほぼ100%の完全な状態と考えられます。
この完全に近似した骨形成の現象が、スーパーオッセオインテグレーションと新しく呼ばれる現象です。
 常に進化し続ける 安心・安全のインプラント手術を
光機能化への取り組み
加古川の宮本歯科医院は、兵庫県ではまだ数少ない、光機能化バイオマテリアル研究会の認定正規ユーザーです。
-このページ上へ-
MIYAMOTO Implant Clinic
〒675-1115 兵庫県加古郡稲美町国岡2-6-9 医療法人 宮本歯科医院 代表 079-492-0180   予防室 079-492-8461

 
大きいGoogleMap
加古川矯正歯科のお電話でのご予約は0120-102-418