医院設備

3Dスキャン(アイテロ)

「iTero」とはお口の中をスキャンする3D光学スキャナーです。
わずか1分ほどでスキャンができ、従来の歯の型取りのように印象材を口に入れる必要もないため、苦しい思いをすることなく快適に歯型を採ることができます。
さらに、精密なスキャニング技術により高精度な情報を得ることができるため、治療の質も向上します。


歯科撮影専用カメラ

レントゲン撮影ではわからない、口の中の情報を得るためにこちらのカメラで口腔内写真を撮影しています。
コンパクトなボディですが” “自然な色調再現性”を実現しリアルに患者様の口腔内の状態を撮影することが可能です。


歯科用CT

歯科用CTとは
CT撮影装置とコンピュータ処理により撮影データを 三次元的に構築し骨の状態などが正確・高精度に診断できる装置のことをいいま す。
従来の一般的な歯科用レントゲンでは判別が難しかった骨の厚みや密度までも簡単に計測出来るようになりますので、より高度な治療が可能になります。


口腔内カメラ

ヘッド部分が小さいため、狭いお口の中での操作性に優れており、撮影した画像をビデオ信号に変換するため画質が劣化せず、鮮明で高品質な画像を得ることができます。
また、手ブレのないきれいな静止画像を得意とするため、患者様は診療台のTVモニターで、ご自身のお口の中をカラーの鮮明画像でじっくりと納得いくまで観察して頂けます。もちろんご希望の方には印刷もOKです。


自動洗浄

器具の最良の状態を維持する機械です。
消毒・減菌済みの歯を削るハンドピースなどインスツルメントに注油する機器です。
患者さんのお口の中を削る機器ですから、「より安全に!より清潔に!そしてより正確に!」
注油などインスツルメントのメンテナンスの時間短縮は、患者さんを待たせない治療にも貢献してくれています。
そして個人差のない的確なメンテナンスにより、常に最適な状態で患者さんの治療に望めるようになっています。


Er.YAGレーザ

Er.YAGレーザーは、レーザーの中で一番安全性が高く、殺菌力に優れています。ほとんど"麻酔なし"で治療できますので、今まで歯科治療は"怖い・痛い"という事でニの足を踏んでいらっしゃる方には、一度お試しなさる事をお奨めいたします。
 
マスコミで言われている様に、派の治療が全部レーザーで治ると言う訳ではありません。しかし、お子さんや若い方の小さい虫歯には、安全で痛くなく非常に有効です。


コスモキュア

痛みを抑え、傷の治癒を早めてくれるので治療時間の短縮につながります。

歯周病治療、根管治療、外科処置、知覚過敏処置など幅広く使用します。このコスモキュアは効率よく痛みをより少なく治療することができます。


ダイアグノデントペン

むし歯は小さい内に見つけましょう。
ダイアグノデントペンのレーザー光を歯にあてるだけでむし歯を容易に発見する事が出来ます。
音と数値によりむし歯の進行状況も確認でき、削るなどの処置が必要な場合、最小限に留める事が出来るなど、適切な診療が可能となります


位相差顕微鏡

お口の中のミクロの世界を知ってください。キレイになったときに目に見えて分かります。
生きた口腔内細菌をTVモニターでごらんになれます。虫歯や歯周病は細菌が原因による感染症…
このシステムは口腔内細菌の動画像や静止画、経過観察まで管理できる画期的なシステムです。
モニタを通じて患者さんに口腔内の状況を見せることができるので、お口の健康でお悩みの方にはすごくいいモチベーションになります。


AED(自動体外式除細動器)

診療中の緊急事態に備え、AED(自動体外式除細動器)を設置しています。待合室に設置しており、緊急時いつでも誰でも使えるようセットしております。


カートリッジウォーマー

カートリッジ麻酔液を人間の体温と同じ37℃に温め、保温しております。
注射器での麻酔薬注入時に、冷たい麻酔薬が注入されると非常に痛みが生じます。
しかし、麻酔薬をこのカートリッジウォーマーにて体温と同じ37℃に暖めると、注入時の痛みが大幅に緩和されるので麻酔時の痛みを大幅に軽減できます。


けずる音の小さいドリル 5倍速コントラ

皆さまが苦手なキーンという高い回転音がしません。
エアー式(音が大きい)ではなく機械式(音が小さい)で回転します。
回転を止める時もエアー式と違い瞬時に止まりますから、歯をけずり過ぎる事もありません。
全てはあなたの恐怖心を和らげるために、少しでも快適な治療空間をご提供したいのです。


口腔外バキューム

入れ歯を削る時や歯を削る時などに用い感染防止や診療室の空気を綺麗にたもってくれます。


ヨシダオペレーザープロ

当院では、ヨシダオペレーザープロを用いた治療をしています。
照射部位の組織活性が促進され治療が早く術後の痛みも少ないことが特徴です。
主に歯茎の腫れなど軟組織の治療に用いています。
機能切開、蒸散、トリートメントの3つの機能を有しおり、切開モードでは、通常のメスで切った場合は当然出血しますが、レーザーだと出血もなく切開できる優れものです。
抜歯などをした後に蒸散機能を用いると傷の治りが良くなります。
また歯肉の炎症もレーザーを照射すると早く改善したりと医師としても患者様にとっても効果的な診療機器です。


歯石除去装置

薬液とお湯を併用して歯石の除去を行う機械です。
一定の高振動数を維持し、なおかつ少ない振幅で効率を高め、痛みと時間を最小限に抑えることに成功しました。
超音波で歯石を除去するとき、従来のように水をかけて歯周ポケットの中を清掃しながら行うことも出来ますが、更にポケット内の細菌や細菌膜(バイオフィルム)を除去するための薬剤を用いることで、清掃効果が高まります。
そして、お湯を使うことで更に痛みを感じることを抑え、快適に気持ちよく歯石を取ることが可能になります。


ピエゾサージェリー

現在、日本の歯科業界で話題となっている、三次元超音波振動により骨を切削する機器です。
ピエゾサージェリーの特徴は皮膚・歯肉・粘膜・血管・神経などの軟組織を傷つけることなく、骨の切除ができることです。また、非常に正確で緻密な骨切削が可能となるので、骨をほとんど切らない安全なインプラント治療が可能です。


インプランター

インプラントの手術のとき、最適な回転数とトルクで処置できる装置です。


プラズマアーク照射器(フランス製)

審美歯科で使用する機械で、強力なプラズマアーク光により、照射時間は従来の3分の1(5秒照時)になっています。今まで30秒以上かかっていたのが5秒でOKなのです。
大きく口を開けている時間が少なくてすみます。


根管長測定器

歯の根っこの長さをしらべて治療する機械です。


咬合力測定装置

デンタルプレスケール上に印記された咬合圧の違いによる赤色濃淡を読み取り、マイクロコンピュータが演算して圧力値に換算。
咬合接触状態をディスプレイ上に表示させる咬合力測定装置です。
特に新たに設定した「コミニュケーション」画面は患者さんに説明しやすく、意識も高めることができますので、治療への移行がスムースに行えます。

痛みの少ない治療

当院では患者様に安心して治療していただく為、痛みの少ない治療を行っております。
怖がり・痛がりの患者様や麻酔がイヤで歯医者嫌いになっている方は是非お試し下さい

表面麻酔の使用

表面麻酔を使い、麻酔の針使用せず表面を麻痺させます。
表面麻酔にもいろいろ種類がありテープ状 ゲル状 液体の物があります。
麻酔する場所によって使い分けています。


最新の電動注射器 「アネジェクト 2」

注入速度、注入圧力をコンピューターが自動的にコントロールし痛みの少ない麻酔が可能です。


一番細い麻酔針

現在の歯科用の麻酔針のなかでも、最も細い麻酔針を使用します。
当然のことながら、注射で使用する針が太いと痛みやすく、反対に細くなればなるほど痛みは起こりにくくなります。


体温と同じ麻酔液

注射の前に麻酔液を温めることで、麻酔時の痛みが減ります。
麻酔用カートリッジウォーマー”カプリ”は最も痛みの少ない温度「37℃」に麻酔液をきっちり温めます。

滅菌・消毒について

安心して治療を受けていただくために

× ドリルはアルコールで拭くだけなの?

○ ドリルもきちんと滅菌してあるから安心


大型の滅菌器では滅菌行程が約50分かかり、ドリル類は物理的に次の患者さんに間に合わずアルコールガーゼで除菌をするのが一般的です。

しかし、そのドリル類こそ複雑な構造のために本来はきちんと滅菌をしないといけないのです。


ドリルの衛生面は患者さんも気にされる方が多いです。

滅菌行程が15分というハイスピードのために、滅菌がしっかりとできていないまま使用せざるを得ないということは一切ありません。


また、滅菌をするには時間もかかりますので歯を削る機械もたくさん必要です。

当院では70本ほどありますのでしっかり滅菌しているのがお分かりになると思います。


患者様個々に消毒・滅菌しております。

院長紹介

院長 田中 明

当院の院長は、日本糖尿病協会認定の登録歯科医です。

歯周病菌による口腔内の炎症が、血中にあるグルコースの体内取り入れを妨げて、糖尿病を増悪させます。

糖尿病の方、また糖尿病予備軍の方の定期的な歯周治療を当院ではお勧めしています。

当院では、歯周病(歯槽膿漏)治療に力を入れています。

歯科では殆ど導入事例のないDCA バンテージをいち早く導入し糖尿病と密接な関係があるHbA1Cをすぐに測定できる環境を作りました。
また、尿中アルブミン/クレアチニン比も測定可能です。

歯周内科治療や位相差顕微鏡と併用してより歯周病に強い歯科医院を作っていきたいとおもっています。

-このページ上へ-