矯正治療とは

綺麗な歯並びはあなたの印象を良くします。

不正咬合(出っ歯、受け口、乱ぐい歯など)を自分の歯を活かし、正常咬合(良い歯並びで良いかみ合わせ)にする歯科治療です。
 
歯並びが悪いければ、見た目だけではなく、かみ合わせも悪いので、全身の健康にも大きな影響を与えます。歯並びだけが良くなればいいのではなく「健康で魅力的な笑顔を」が矯正治療の目的となります。

歯並びが悪いと

  • 食べ物が歯の間にはさまり歯みがきがしにくく、むし歯になりやすい
  • 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる
  • 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす
  • 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい
  • 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる
  • 構音機構に影響して、正しい発音がしにくくなる
  • 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい

歯を抜かない矯正歯科治療

保存的矯正治療

抜かれた歯は、元には戻りません。そして、機能の低下が起こります。 できるだけ歯を保存することが大切です。

床矯正の治療方針は、保存的矯正治療を基本としています。

歯と顎の大きさがアンバランスで、未発育な顎を床矯正装置により適切に拡大し、歯を移動することによって解決します。

床矯正装置の可動条件、装着条件は、患者さんの生活環境、社会環境に合わせて設定します。矯正治療を必要とする患者さんは、顔を構成している上顎骨、下顎骨が未発育です。つまり、歯並びの問題は歯だけではなく、顔の萎縮に大きく関与しています。
「良い歯並び」は「良い顔貌」につながる問題です。

当院は、歯並びだけが良くなればいいとは考えていません。 患者さんを「良い顔」に育成することが歯科医師の仕事と考えて治療にあたっています。

矯正治療は現在、保険治療の対象ではありません。

私どもの治療は、多くの患者さんの不正な咬み合わせを治すことですから、すべての歯並びを教条的立場で治療します。

早期の治療開始により、上顎だけ、あるいは下顎だけで終了するケースもあります。早期に来院して、装置1つで終了するケースもあります。治療が複雑になり、いくつかの装置が必要なケースもあります。早期の治療開始が大切です。

矯正歯科治療の流れ

治療前に詳細に検査をした後、治療計画を立てて治療に入ります。

1.カウンセリング
患者様のご希望、ご質問をお聞きした後に、大まかな治療の流れ、費用、期間などをご説明します。
2.検査
矯正治療に向けて、レントゲンや口の中の写真をとります。
3.診断
検査の結果、どんな装置をいつ、どのくらいの期間つけるのかなど今後の治療についてご説明いたします。
4.治療開始
治療計画に沿って矯正治療を開始します。
5.保定
矯正で移動させた歯は、装置をはずすとしばらくは元にもどろうとします。歯が新しい位置で安定するまでは、後戻り防止のための装置(保定装置)を着けます。治療後は、定期的に通院して頂いて装置の適合と歯並びのチェックを行ないます。

矯正歯科 Q&A

矯正治療はいつから始めれば良いですか?

矯正治療の開始は、不正咬合の状態や程度によって違いますが、 一般的には成長を考えて11~12才頃の第二大臼歯がでてきて全ての乳歯がぬけたころが適年期です。しかし例外として早く治療(5歳位から)を始めた方が良いケースもありますので、歯並びが悪いと気付いたらご相談下さい。


治療は痛いですか?

開始して2~3日は歯が浮いたような痛みがありますが、それは、歯が動くことによる痛みで、神経にさわるような強い痛みでは有りません長くても1週間以上続く人はほとんどいません。


目立たない装置はありますか?

最近は目立ちにくく、他人に気づかれにくいものがあります
目立たないものとしては、プラスチックやセラミック(陶器)でできたものがあります。


矯正治療後、元にもどってしまう事がありますか?

完全に戻ってしまうことはまずありません。矯正治療終了直後は、動かした歯の周りの骨が固まってないため、安定するまでの期間は戻りやすくなりますので保定装置といって歯を動かないようにしておく装置を使って、戻らないようにします。


大人でも治療は可能ですか?

大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。
子供との違いは、成長.発育を利用できないため、、治療期間が長くなる傾向がありますが、治療に関心が高く、積極的ですので、かえってうまくいく事も多いです。


治療期間はどのくらいかかりますか?

症状や程度によって、期間は異なります。
本格的な治療においては、ふつうの通院で2年ぐらいかかり、治療後1年程度は保定のための通院が必要です。
早く治したい方にはインプラント矯正により通常の半分にすることも可能です。

-このページ上へ-