【大阪市阿倍野区 小室歯科】インビザライン
大阪市 矯正歯科
大阪市阿倍野区 矯正歯科 06-6623-2401
サイトマップ HOME
小室歯科・矯正専門サイト 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 症状別矯正メニュー 内容別矯正メニュー 年齢別矯正メニュー 矯正治療Q&A 医院案内
部分矯正、小矯正 
セルフライゲーションシステム
(デーモンシステム)
インビザライン
ムーシールド
舌側矯正
インプラントアンカー
非抜歯矯正
マウスピース矯正
クイック矯正 
クリアアライナー
ホワイトワイヤー
目立たないブラケット
デーモンクリア

>>詳しくはこちら
院長ごあいさつ
大阪 矯正歯科 患者様の声
大阪 矯正歯科 患者様インタビュー
インビザライン
アメリカ発の、最新デジタルマウスピース矯正 インビザライン
多くの患者さんとお話したり、メールでご相談を受けますが、その中でおおいのが、矯正治療をためらう大きな障壁の一つに、“装置が目立つ”ことがあることです。
 
目立たないように矯正する方法には、歯の裏側からワイヤーをつける舌側矯正や、ブラケットを透明なもので仕上げる方法など、様々ありましたが、最近、マウスピースを使用して矯正する方法、インビザラインが、患者さんの支持を頂き来始めています。
インビザラインとは
アメリカで1998年に開発されたマウスピース型矯正装置を使用した矯正治療システムの名前をといいます。
2001年にヨーロッパで導入開始。
その後オーストラリア、香港、アジア、韓国と導入され日本では2006年から導入されました。
 
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、世界中で使用され、実績もあるインビザラインシステムを採用しております。
当院では、インビザラインを開発し矯正を行っている米国のアライン・テクノロジー社認定のインビザライン・ドクターが2名在籍し、治療を行っております。
利点
2週間に1回新しいマウスピースに交換
ご自身で2週間ごとに新しいマウスピースに交換して少しづつ歯が理想的な位置に移動していきます。
透明感があり目立たない
これまでの矯正にありがちな、ワイヤーのような目立つ装置を使いません
クリンチェックと呼ばれる3Dの動画にて、御自身の歯の移動を確認できる
実際に、ご自身の歯の仕上がりを、コンピューター上で確認してから治療を始めれるので、非常に安心です。
清潔、快適
取り外しができるはめ、通常の歯磨きができます。
また、アライナーも、長期間同じものを使いませんので、安心です
お食事、歯ブラシの度に矯正装置(マウスピース)を外せる
矯正装置が外れたり金具が刺さらない
ワイヤー矯正では、時に器具が外れたり、故障したりして、会話や食事がしにくくなり、来院していただくてはならないことがありますが、そういった心配はありません
金属アレルギーでも安心
世界で310万人を超える方の矯正治療の実績 (2015年3月現在)
従来のマウスピース矯正との違い
事前の治療経過のシミュレーションができる
治療後だけでなく治療経過の状態も把握することで治療中の不安や負担を軽減できます。
CAD/CAMで作成する
マウスピースを1回の歯型とりでほとんど最後まで作成するため、型取りの苦痛が少なくて済む。
人の手では不可能な0.2〜0.3mmの範囲で歯を動かすことができる。
 →痛みが少なく済む
世界45カ国で310万人を超える患者様が受けている実績がある
認定制度等、治療技術に対して的確なガイドラインがあり安心のシステム
他のマウスピース矯正に比べ、複雑な矯正も行うことができる
インビザライン治療の流れ
STEP1 相談(約30分)
はじめに、お悩みや治療のご希望をお伺いいたします。
矯正医師がお口の状態を拝見し、必要な処置、治療プラン、おおよその治療期間についてご説明いたします。
STEP2 精密検査(約30分)
お口や顔の写真やレントゲン撮影、診断模型作製用の歯型をお採りします。
※矯正治療前に治療が必要な虫歯があった場合、そちらの治療を優先して進める場合があります。
※レントゲンや治療計画により、親知らずの抜歯が必要と診断された場合、インビザラインの治療開始前に抜歯をしていただく場合があります。
STEP3 インビザライン用の歯型をとります
精密検査後ご希望の場合は続いてインビザライン作製用の歯型をお採りいたします。
この歯型を、米国のアライン・テクノロジー社に送り、デジタルデータ化していきます。
インビザラインの場合、この課程が非常にシステマチックに行われており、他のシステムに比べて、より精密な診断、治療が期待できます。
STEP4 インビザライン 矯正シュミレーション
スキャニングデータやレントゲン、口腔内写真のデータをもとに矯正医がインビザライン治療計画をパソコン上で3Dシミュレーションを行います。
STEP5 治療期間や治療計画の説明。
治療が始まる前に仕上がりをクリンチェック・シミュレーションというシュミレーションソフトで確認いただきます。
このシュミレーションにより、大まかな治療のゴールがわかるようになります。
大まかな仕上がりイメージをが患者さんと共有できることは、インビザラインの大きな利点です。
STEP6 治療終了までのマウスピースが一度に届きます
歯型のスキャニングを一回行うと、治療終了までの全てのマウスピース(アライナー)が作製されます。クリニック来院時に、次回までに使用していただくアライナーをお渡しします。
※治療途中で、治療の細かいずれを修正するため、歯型を再度取り直すこともあります。
1枚目のマウスピース(アライナー)の取り外しの練習と使用方法、注意事項のご説明をします。 2週間使用後、ご自身で次のアライナーに付け替えていただきます。
STEP7 定期チェック
1〜3ヶ月に1度来院していただき、歯とアライナーの適合状態、清掃状態などを見ていきます。 (必ず、アライナーを装着した状態で来院してください。)
STEP8 治療終了
当院では、矯正治療専門の歯科医師と、メンテテナンス、治療担当の歯科医師が共同で患者さんの治療の終了へのサポートを行っていきます。
STEP9 保定
きれいになった歯並びをずっと良い状態で維持していただきたいので、矯正治療後も定期検査をおすすめしております。
矯正治療後は、歯並びが元に戻らないように保定を行います。
 
当院では、マウスピースを継続使用していただいたり、前歯の裏側に細いワイヤーを装着する方法で保定を行います。
保定の期間は、矯正治療を行った期間と同じ期間は必要になります。
(治療内容により異なります)
 
これは、歯を動かした後でも、歯の周りの組織が安定するまでに時間がかかるためや、かみ合わせの力によって、歯並びが崩れてしまうのを防ぐために、大事な期間になります。
ティーンエイジャーでも、インビザラインが可能です!
16歳以下の方でもインビザライン矯正を行うことが可能です。
2012年に登場したインビザラインティーンは、11歳〜16歳の方に対応しております。乳歯が全て抜けていればご使用いただけます。
乳歯が全て抜けていれば永久歯が崩出途中の時期にもご使用いただけるようになりました。
インビザラインの非適応症例
著しく歯の並びがバラバラな場合
歯並びが大きく乱れていて歯を動かす距離が長かったり、歯の根を動かさなければいけなかったりする場合は適応できません。ただし、ブラケットによる治療と併用することで可能になります
上下の顎のずれが原因で、歯並びの不正がある場合
第2大臼歯が生えていない場合
インビザラインは、患者さんの協力が不可欠なシステムです
1日20時間以上の装着
装着するかどうかは患者様の意志にゆだねられますが、装着しない時間が長いと治療が思うように進まなくなってしまいます。
食事中やブラッシング時には必ず取り外すこと
インビザラインを装着したままで食事やブラッシングをすると、装置を傷付けてしまうおそれがあります。
定期的な通院
インビザラインは2週間ごとに新しい装置を付け替えていき、歯を理想的な位置へと誘導します。Dr.との相談の上2〜3か月に一度、決められた間隔で通院できないと、治療がスムーズに進みません。
Copyright(c)2008 Komuro Dental All rights reserved.
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F 小室歯科 電話 06-6623-2401
index 小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 絶対に目立つのがイヤ 面倒な事が嫌な方へ 治療期間を短くしたい
歯を抜きたくない 部分矯正、小矯正  デーモンシステム インビザライン ムーシールド 舌側矯正 インプラントアンカー
非抜歯矯正 マウスピース矯正 クイック矯正  クリアアライナー ホワイトワイヤー 目立たないブラケット デーモンクリア
3歳からの矯正(ムーシールド) 小学生の矯正 中高生の矯正 20代、30代の矯正 40歳からの矯正 矯正治療QandA
医院のご案内 案内地図・アクセス 患者様の声 患者様インタビュー 院長紹介