部分矯正 MTM 小矯正【大阪市阿倍野区 小室歯科】部分矯正 MTM 小矯正についての説明
大阪市 矯正歯科
大阪市阿倍野区 矯正歯科 06-6623-2401
サイトマップ HOME
小室歯科・矯正専門サイト 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 症状別矯正メニュー 内容別矯正メニュー 年齢別矯正メニュー 矯正治療Q&A 医院案内
部分矯正、小矯正 
セルフライゲーションシステム
(デーモンシステム)
インビザライン
ムーシールド
舌側矯正
インプラントアンカー
非抜歯矯正
マウスピース矯正
クイック矯正 
クリアアライナー
ホワイトワイヤー
目立たないブラケット
デーモンクリア

>>詳しくはこちら
院長ごあいさつ
大阪 矯正歯科 患者様の声
大阪 矯正歯科 患者様インタビュー
部分矯正、小矯正
部分矯正
MTMは、部分矯正、小矯正とも呼ばれる矯正方法です。
本格的な歯列矯正と違い、補綴(クラウンやブリッジの治療のこと)やインプラント(人工歯根)治療をする際、歯の位置や傾斜が不具合で予後が悪くなる場合に事前に歯並びを修正するときなどに行います。
 
本格的な歯列矯正よりも期間は短く、3〜6ヶ月ほどしかかからず、その後に補綴やインプラント治療を行っていきますので、矯正治療のように保定(矯正した歯が後戻りするのを予防するための固定)の期間は必要ありません。
また、本来では抜かなければならいような歯を最大限生かして、できるだけ長く使うためにも用いられることも部分矯正の特徴の一つです。
MTM矯正
MTMは、ひと口に言っても方法は様々で、治療の目的に応じて最適な方法を選択し組み合わせて行ないます。MTMでは、次のようなことができます。
引っ張り出す
引っ張り出すことを挺出といいます。挺出には、装置を使って引っ張り出す方法と外科的手術を用いる方法と自然な歯の挺出の3つがあります。
挺出されることで健全な歯質が歯肉の上に出てくるので、長持ちする補綴治療が可能になります。
傾いた歯を真っ直ぐ起こす
傾いた歯を真っ直ぐ起こすことを整直(アップライト)といいます。倒れてきて噛めなくなった歯を元のように起こします。また、歯を起こすことによって、歯の掃除がし易くなるメリットもあり、歯周病の原因を取り除き易くなります。
歯を起こす理由は、歯が抜けたまま放置していると隣の歯が倒れてきてしまって、治療したくてもスペースがないため、スペースを作る必要性があるためです。
移動させる
回転させる
引っ込める
Copyright(c)2008 Komuro Dental All rights reserved.
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F 小室歯科 電話 06-6623-2401
index 小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 絶対に目立つのがイヤ 面倒な事が嫌な方へ 治療期間を短くしたい
歯を抜きたくない 部分矯正、小矯正  デーモンシステム インビザライン ムーシールド 舌側矯正 インプラントアンカー
非抜歯矯正 マウスピース矯正 クイック矯正  クリアアライナー ホワイトワイヤー 目立たないブラケット デーモンクリア
3歳からの矯正(ムーシールド) 小学生の矯正 中高生の矯正 20代、30代の矯正 40歳からの矯正 矯正治療QandA
医院のご案内 案内地図・アクセス 患者様の声 患者様インタビュー 院長紹介