大阪 小学生の歯科矯正【大阪市阿倍野区 小室歯科】小学生の矯正歯科について

大阪市 矯正歯科
大阪市阿倍野区 矯正歯科 06-6623-2401
サイトマップ HOME
小室歯科・矯正専門サイト 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 症状別矯正メニュー 内容別矯正メニュー 年齢別矯正メニュー 矯正治療Q&A 医院案内
3歳からの矯正治療
小学校の矯正治療
中高生の矯正治療
20代、30代の矯正治療
40歳からの矯正治療

>>詳しくはこちら
院長ごあいさつ
大阪 矯正歯科 患者様の声
大阪 矯正歯科 患者様インタビュー
コラム
小学生の矯正治療
小学生の矯正治療
小学生の時期は、混合歯列期といって、乳歯と永久歯が混在している時期です。 この時期の治療を第一期治療といいます。
この時期は、体や顎の成長が旺盛なので、顎の成長をコントロールしながら、歯並びを治していきます。
骨も柔らかく、成長が利用できるので比較的治療期間が短く、非抜歯で治る可能性がおおきくなります。また最終的な歯並びの状態も良いものになります。
したがって、矯正治療開始時期としてはベストなタイミングといえます。
ご両親、本人とご相談しながら治療を勧めます
この時期は、ご本人だけで治療を始めて、終了していくことはできません。したがって、ご本人だけでなく、ご両親のご意見も伺いながら、治療を行っていくことが大事です。また、まだ小さいうちは、装置を使うことが負担になる場合もありますので本人ときちんとお話をし、がんばる気持ちを尊重してあげることも大事かと思われます。
 
日本よりも歯の美しさが重視されている国、例えばアメリカには“歯並びの良さは育ちの良さを表す”という考え方があります。
さすがに現代の日本では、育ちの良さを表す、とまでは言えないかもしれませんが、少なくとも美しい歯並びが他者に悪い印象を与えるわけはありません。
虫歯予防も大切
歯並びは良くなったけれど、虫歯になってしまった。。という状況にならないように、虫歯予防は大変大事です。特に、矯正装置が入っているところは、大変磨きにくく、虫歯になりやすいのです。小室歯科では、このようなことにならないように、矯正治療と並行して、一般担当ドクターによって虫歯管理を行っていきます。
Copyright(c)2008 Komuro Dental All rights reserved.
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F 小室歯科 電話 06-6623-2401
index 小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 絶対に目立つのがイヤ 面倒な事が嫌な方へ 治療期間を短くしたい
歯を抜きたくない 部分矯正、小矯正  デーモンシステム インビザライン ムーシールド 舌側矯正 インプラントアンカー
非抜歯矯正 マウスピース矯正 クイック矯正  クリアアライナー ホワイトワイヤー 目立たないブラケット デーモンクリア
3歳からの矯正(ムーシールド) 小学生の矯正 中高生の矯正 20代、30代の矯正 40歳からの矯正 矯正治療QandA
医院のご案内 案内地図・アクセス 患者様の声 患者様インタビュー 院長紹介