非抜歯矯正【大阪市阿倍野区 小室歯科】非抜歯矯正についての説明
大阪市 矯正歯科
大阪市阿倍野区 矯正歯科 06-6623-2401
サイトマップ HOME
小室歯科・矯正専門サイト 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 症状別矯正メニュー 内容別矯正メニュー 年齢別矯正メニュー 矯正治療Q&A 医院案内
絶対に目立つのがイヤと言う方へ
ヘッドギアー輪ゴムなど面倒な事が嫌な方へ
少ししでも治療期間を短くしたい方へ 
歯を抜きたくない方へ

>>詳しくはこちら
院長ごあいさつ
大阪 矯正歯科 患者様の声
大阪 矯正歯科 患者様インタビュー
コラム
歯を抜きたくない方へ
非抜歯矯正
「親知らずを抜くのはしょうがないけど、健康な歯は抜きたくない」「抜歯は痛いので避けたい」こういう患者さんは多いですし、すごく自然な考えだと思います。
 
小室歯科では、抜歯をしたくないという患者さんのために、治療開始前に抜歯をして矯正歯科治療をした場合と抜歯をせずに矯正歯科治療をした場合の歯並び・横顔のラインをご説明しています。抜歯せずに矯正をすることには、デメリットもありますので、十分に相談させて頂きます。
何故抜歯しなければならないのか
矯正歯科治療では、歯並びを整えるために歯を抜くことがあります。抜歯となる歯は、小臼歯(前から4番目または5番目の歯)が多いですが、虫歯の進行している歯を優先的に抜歯することもあります。
 
なぜ矯正歯科治療で抜歯をするケースが多いのでしょうか。それは、歯並びが悪くなってしまった原因として、歯に比べて顎が小さいケースが多いためです。このようなケースでは、歯をきれいに並べるスペースを確保するために抜歯が必要なのです。
抜歯せずに矯正する方法について
奥歯を後方へ下げてスペースを確保
大臼歯(親知らずを除いた一番奥の歯)を後方へ下げられるスペースがある場合、歯列全体を後方に下げることで歯をきれいに並べるためのスペースを確保します。
※親知らずが生えている場合は、後方へ下げるスペースが無いので親知らずは抜歯する必要があります。
歯列のアーチを広げてスペースを確保
元々歯列のアーチが狭い方は、歯列のアーチを拡大することで歯をきれいに並べるためのスペースを確保します。
骨格によっては、拡大することでほほ骨から顎にかけての顔貌が張り出した印象になったり、治療後に後戻りしやすくなります。
被抜歯矯正のデメリット
口元の突出感が出ることがある
通常の矯正装置以外に装置を使うことがある
顎の拡大等は後戻りの原因となる
Copyright(c)2008 Komuro Dental All rights reserved.
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F 小室歯科 電話 06-6623-2401
index 小室歯科の矯正治療 矯正治療の流れ 絶対に目立つのがイヤ 面倒な事が嫌な方へ 治療期間を短くしたい
歯を抜きたくない 部分矯正、小矯正  デーモンシステム インビザライン ムーシールド 舌側矯正 インプラントアンカー
非抜歯矯正 マウスピース矯正 クイック矯正  クリアアライナー ホワイトワイヤー 目立たないブラケット デーモンクリア
3歳からの矯正(ムーシールド) 小学生の矯正 中高生の矯正 20代、30代の矯正 40歳からの矯正 矯正治療QandA
医院のご案内 案内地図・アクセス 患者様の声 患者様インタビュー 院長紹介