OHIS

歯周病リスクについて

お口の代表的な病気の一つ『歯周病』。ご自分の歯周病がどの程度なのかご存知ですか?
いくらレントゲンや写真・歯周ポケットの測定結果で説明を受けてもなかなかイメージしにくい方も多いのではないでしょうか・・

そこで、当医院では、“OHIS”を使って歯周病の状態をわかりやすく数字にしてご説明します。

“OHISとは…” (Oral Health Information Suits)

蓄積され続ける膨大な疫学データをもとに構築した最新知見に基づく世界基準の『リスク評価』です。歯周病のリスク(1~5)・病状(1~100)を点数にして見ていただくことができます。

評価の仕方はコンピューターを使います

通常行ってる歯周ポケット検査・問診内容を入力

インターネットを経由し、診断レポートを入手
(アメリカにデータが送られ結果が返ってきます)

信頼性の高いリスク評価が可能

レポート結果は数値化+グラフで評価

メリット
  • ご自身のリスク・病状を客観的に数値・グラフで見ることができわかりやすい!
  • 現在の一時点を見るだけでなく、過去にさかのぼりグラフによる変化は“改善”“安定”などの経過を確認することができます。
  • リスクを知ることにより、ご自身に合ったセルフケア・プロケアの方法やメインテナンスの間隔を提案することができます。
  • ご自身の口腔内への関心がさらに高まっていただけると思います。
歯周病リスク

リスクによってあなたの将来の病状が予測されます。リスクは、症状と微候からわかるリスクファクターを総合判断して決められます。病気を予防するには、あなたのリスクファクターを軽減する治療が必要です。ふつうの歯科治療を受けていると、とても高いリスク(5)の人は低いリスク(2)の人に比べて10倍高い確率で歯を失っています。しかし、リスクを指標に特別な治療を選んで行えば、歯を失う確率は50%から100%減らすことができます。

健康 歯肉炎 初期の歯周病
中等度の歯周病 重度の歯周病 歯牙喪失
より健康的 より病的
グラフ

リスクファクターを軽減することで歯周病の予防ができます

『医院側から必要な情報を提供すること』=『皆さんが理解納得できること』と考えております。OHISはその方法の一つとして使っています。

リスクファクターグラフ
歯周病リスク検査OHIS 検査料
年間 \3000(税別)
上へ

日本歯周病学会認定 歯周病専門医/歯周病治療/歯石取り/大阪市/梅田