白内障治療

白内障とは?

目の中のレンズの役目をする水晶体が濁って、かすんだり、見えにくくなる状態のことを言います。
加齢に伴って発生する場合が最も一般的です。

白内障の治療

現在、白内障に対する目薬、飲み薬はありますが、進行を少しおさえる働きしかなく、積極的に治していくものではありません。

日常生活に不自由のない程度であれば投薬で経過観察を行いますが、視力の回復、あるいは症状の改善には手術による方法しかありません。
現在では、入院を必要としない日帰り白内障手術が普及していますので、負担が少なくてすみます。

手術を受ける時期は?

手術は、10分程度で終わり、入院も必要ありません。

白内障以外に目の病気がなければ、ほぼ安定して手術後の視力が得られるようになっています。
このため現在では、特にどれだけ視力が悪くなったら手術をするというような目安はありません。

たとえば視力が1.0あったとしても、白内障のためのかすみがあり、その方が気になるようであれば手術を行います。
また、逆に視力が0.1などと悪くても、その方が不自由を感じていなければ、手術はお勧めはしますが強制はいたしません。

ただし、あまりに長く白内障を放置しますと、水晶体が硬くなり、このために手術時間が長くなり手術後の視力の回復に時間がかかることがあります。
ですから、手術を勧められましたら、積極的にお考え頂くほうが良いかと思います。

当院での白内障手術の手順

白内障手術を希望される方は、まず手術の少なくとも1週間前に術前検査を受けていただきます。
術前検査は、目の状態の詳しい検査と、計測、当院ビル内の内科においての健康診断を受けていただきます。
また、手術当日までの、スケジュール、準備等を説明いたします。

手術の3日前から手術に備えての目薬と飲み薬を始めて頂きます。

手術当日は、朝10時くらいまでに来院していただきます。
内科の検診を受けていただき、手術のための、瞳孔(ひとみ)を開く目薬を始めます。 
充分に瞳孔を開くよう手術は午後から始めます。
手術そのものは、目薬の麻酔のみで行い、状態によりますが10分未満で終わります。 
手術の痛みは殆どないようです。

手術が終わりますと、しばらく、控え所で静かにしていただいた後、手術後の診察を受けていただき、眼帯と保護板をつけて帰っていただきます。
帰宅後の安静は特に必要ありませんが、少し静かにされておいたほうが良いでしょう。
帰宅されて落ち着かれた頃を見計らって、異常がないか、こちらから1度だけお電話を致します。
もし、そのあとで異常を感じられた場合は、ご連絡いただけますようにホットラインの連絡先を用意しています。

手術翌日から眼帯は外し、保護眼鏡をかけていただきます。
お風呂は手術当日は制限しますが、翌日から問題なければ入れるようになります。
洗髪は理容店等で、仰向けになって洗っていただければ制限はありません。
洗顔、顔の化粧などは5~6日で、できるようになります。
手術後の通院は、翌日、翌々日、1週間後は受診して頂きますが、それ以降は状態によりますが1~2ヶ月おきに受診して頂きます。

このように、負担なく手術ができるようになっています。
手術をお考えになっている方は安心して、また勧められても迷っていらっしゃる方は積極的に、お考え頂きますようお勧めします。
ホーム
視力低下
オルソケラトロジー
白内障治療
マリン画像