視力低下

最近見にくくなったなと感じた時、あなたならどうしますか?

眼科受診する、放置する、眼に良いと言われる健康食品を買う、薬局で目薬を買う、訓練する、色々な選択肢が有りますが貴方に視力低下の原因が分りますか?

医師の仕事はその原因を突き止め、貴方にあった治療法(身体的、社会的、性格的要因を考慮して)をすすめることです。

光は角膜で屈折して目の中に入って行きます。
その後水晶体でさらに屈折し、硝子体を通り網膜上に映像が映ります。
この映像を網膜に並んでいる視細胞が電気的刺激に変換し、視神経を通じて脳に伝わり初めて映像が見えます。

視力低下の原因をおおまかに分ければ、

  • 屈折の異常で、網膜にうまく像を結ばない。
  • 眼球の光の通り道に濁りが有り、ぼやけたり、かすんだりする。
  • 網膜に出血や、むくみ等の障害が有る。
  • 視神経の炎症や、萎縮により、脳まで信号を送れない。
  • 脳腫瘍や脳梗塞で眼球の異常ではないもの。

等が挙げられます。

屈折異常

視力低下の大半はこの屈折の異常に拠るものです。
近視、遠視、乱視がこれに相当します。

乱視は、角膜の歪みの為に像が左右もしくは上下にだぶってみえます。
近視、遠視は、眼球に前後の長さに対しての角膜の光の屈折(角膜のカーブの強さ)及び水晶体の屈折率の不適合によって起こります。

水晶体は厚みを変化させる事でピントの調節をしているので、調節痙攣による近視は治療する事が可能ですが、調節痙攣を調べるには、調節麻痺剤の点眼で調べる事が出来ます。
原因が分らないまま、訓練しても(視力回復センターや通販商品)うまくはいきません。
明らかに屈折異常の場合は、メガネかコンタクトレンズで矯正します。

近視治療

近視の治療については、眼球の前後長はどうしようも有りませんが、角膜のカーブについてはレーザーを使って角膜を削る方法や、夜間装着コンタクトレンズを用いる方法 (オルソケラトロジー)が在ります。

ホーム
視力低下
オルソケラトロジー
白内障治療
マリン画像