たがみ医院【久留米市の病院 外科、麻酔科、胃腸科、内視鏡検査、胃カメラ、循環器科、外科、帯状疱疹】

医療法人 真和会
HOME
医師紹介
医院案内
鼻からの内視鏡
医院案内地図
慢性の痛みでお悩みの方
神経ブロックとは
星状神経節ブロックについて
硬膜外ブロックについて
注射方法
使用する薬剤と効果
硬膜外ブロックの適応症
副作用について
費用について
帯状疱疹について
■鼻からの内視鏡のご案内 ■医院案内地図
 院内紹介
受付
待合室
処置室
理学療法室
診察室
 設備機器
心電図計
ホルダー心電図解析機能付
動脈波伝播速度測定装置
(動脈硬化度測定装置)
エコー装置
レントゲン透視撮影装置
頚椎牽引装置
低周波刺激装置
ウォーターベッド
 
マイクロウェーブ
温熱装置
コンピューターレントゲン撮影装置
採血検査機器
 鼻からの内視鏡のご案内
鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

 苦痛が少ない

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。鼻腔内には麻酔剤が塗布されるので、痛みはほとんどありません。
検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

 吐き気が起きにくい

一般的に行われている経口(口からの)内視鏡では、のどの奥にある舌根にスコープが接触するため、咽頭反射が起きて吐き気を催すことが多いのです。

鼻から行う内視鏡では、内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

 会話ができる

検査中も会話が可能です。

質問したいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話ができるので安心です。

鼻からの内視鏡検査の構造

 先端部約5mmの極細内視鏡

内視鏡は先端部約5mmという細さです。鉛筆と比べるとどれだけ細いかがお分かりいただけることでしょう。

 診断に必要な機能も充実

処置用具の2mmの「鉗子口」を備えているので、胃液の吸引や組織採取なども行えます。

 

 細くても観察画像は高画質

超小型CCDを搭載しているため、医師は通常の内視鏡と同等の高画質で観察が行えます。

1.検査前日
夕食は軽めにとり、21時以降の飲食(水を除く)は避け、早めの就寝を心がけましょう。
※採血等の事前検査が必要な場合もあります。
2.検査当日の朝
飲食(水を除く)、喫煙、薬の摂取は避けてください。
※常用薬を服用されている方は事前に医師に相談してください。
3.検査前の準備
胃の中をきれいにするため、白い液体の薬(消泡剤)を飲みます。
4.鼻の麻酔
検査室に移動後、鼻の中に麻酔をします。
5.内視鏡検査
医師がモニターに映るおなかの中をすみずみまで観察します。
検査時間は3〜10分程度です。
6.検査後
検査が終わったら身支度を整え、少し休んでください。気分や体調のすぐれないときは、すぐに医師に伝えましょう。
 案内地図
福岡県久留米市青峰2-25-3
google Map
このページ上へ
院長紹介 | 医院案内 | ペインクリニック外科 | 福岡県久留米市青峰2-25-3 たがみ医院 TEL 0942-43-1188