安全、安心を最優先に考え、院内感染防止に力を入れている優歯科オフィス
〒799-3113 愛媛県伊予市米湊431-1
優歯科オフィス電話番号 089-997-3555
松山市 歯科 優歯科オフィス
愛媛県 歯科 メッセージ
歯科 愛媛
愛媛 歯科 院内感染防止対策
松山 歯科 院長紹介
松山市 歯科 スタッフ紹介
歯科 愛媛 院内紹介
松山市 歯科 プレスリリース
歯科 愛媛 診療案内
歯科 愛媛県 診療の流れ
歯科 松山 予防歯科 小児編
歯科 松山市 予防歯科 大人編
松山 愛媛 虫歯の治療
歯周病治療 愛媛ん 松山市
愛媛県 松山 歯科 用語解説
 
愛媛県松山市 歯科 診療時間
松山 愛媛 診療時間 -
松山 歯科 土曜診療時間
休診日 日曜・祝日
「歯医者っていうのは痛くなったら行くもんだ」
「年を取ったら、歯は悪くなるのが当たり前だ」
「毎日、きちんと歯ブラシしていたら歯は悪くならないんでしょ?」
このように思われている方がたくさんいます。残念ながら、全て間違った認識です。
 
私がいつも残念に思うのは、歯が悪くなってから来ていただいても、治療することしかできないからです。多くの場合、治療するとは歯を削ることです。
歯は削ったら、二度と元には戻せないということをご存知でしたか?
それに、むし歯で穴があいた歯は元に戻らないことをご存知でしたか?
 
「そんなことは当たり前だろう。」と思われるかもしれません。
まず、御自分の体で考えてみてください。転んで擦り傷ができた場合、カサブタができ、徐々に皮膚に覆われて傷は自然に治ります。しかし歯の場合、むし歯であいた穴が自然にふさがることはないのです。
 
歯は他の体組織と違って自然治癒能力がないのです。
ですから悪くなったら、悪い部分を削り取って、人工物で補うしかないのです。
悪くなった部分を人工物で補うと、必ず歯と人工物の間に1/100mm程度の隙間ができます。どんな名医でもこの隙間をなくすことは不可能です。人間の目で認識することはできませんが、1/1000mm程度の大きさのばい菌にとってはとても大きな隙間なのです。
 
この隙間にばい菌がたまりやすくなったり、その隙間から内部に侵入したりして、虫歯が再発するわけです。
 
患者さんは「治療すれば治る」と思われていますが、残念ながら違います。上記のように、削って詰め物・かぶせ物をした歯は、非常にむし歯になり易い状態です。決して健康な歯に戻ったわけではありません。
 
さらに、虫歯が深く神経にまで達した歯は、神経を除去しなければなりません。この神経を除去した歯は、神経のある歯に比べ、寿命が極端に短くなります。神経がなくなると歯は非常にもろくなるからです。
例えて言うなら
「神経のある歯・・・生木」
「神経のない歯・・・枯れ木」
ということができます。
神経のない歯でも、噛めるように機能を回復させることはできますが、耐久性が極端に悪くなります。硬いものを噛んだ拍子に歯が割れてしまう、折れてしまうこともあるのです。また、神経がないと痛みを感じないため、かぶせ物の下でむし歯が大きく進行しても気づかず、手遅れになる場合もあります。
 
ですから、悪くなった歯を健康な歯に戻すことはできません。
ある程度の機能回復は可能ですが、歯の寿命は治療のたびに縮んでいると思ってください。また治療した歯はむし歯になり易いため、治療終了後も適切なメンテナンスが必要だということを是非ご理解ください。
年を取ったら、歯は抜けるもんだし、入れ歯は当たり前だ。
「年だから歯が悪くても仕方がない」とあきらめている方も非常に多いです。
残念ながら、日本の現状はそのとおりです。
 
65歳以上では、60%の方が総入れ歯を使用されています。通常人間の口には28本の歯がありますが、80歳の方の平均残存歯数はたった5本しかありません。これは、先進国の中でもダントツで悪い状態です。
 80歳平均残存歯数
日本
5本
アメリカ
16本
スウェーデン
20本
なぜ、こんなにも大きな差がついているのでしょうか?
それは、日本の保険制度に問題があります。
 
日本の保険制度では「悪いところを治療する」ことに主眼がおかれているからです。ですから、日本人の頭の中に「歯医者は歯が悪くなってから行くところだ。」という認識が出来上がってしまったのです。
 
そして、我々歯科医師も日々の仕事におわれ「悪くなってからの治療」ばかりを行い、「悪くならないための予防法」を患者さんに伝えてこなかったのです。その結果、欧米諸国との間に大きな開きができてしまったのです。
ではどうしたら、歯を残せるのでしょうか?
欧米諸国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?
 
その答えが、1〜3ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることなのです。
 
欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力をいれたことによって、
国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。
 
悪くなってから歯を修理する歯科医療・・・日本(80歳で残る歯の本数4〜5本)
悪くなる前に歯を守る歯科医療・・・アメリカ・スウェーデン(16本、20本)
 
あなたは80歳になったとき、何本歯を残していたいですか?
「歯を修理する歯科医療」「歯を守る歯科医療」のどちらを受けたいですか?
歯を失う原因の主なものは「むし歯」と「歯周病」ですが、年齢が上がるとともに、歯周病で歯を失う割合が増加してきます。特に40代以上の方は、歯周病の予防が最重要になってきます。
 
実はこの歯周病がやっかいな病気なのです。
歯は「歯槽骨」という骨によって支えられています。この歯を支える「歯槽骨」が徐々に減ってくる病気が歯周病です。歯を支える骨が減ると歯は少しグラついてきます。さらに骨が減ると大きくグラつき物を噛めなくなり、最終的には抜けてしまいます。
 
多くの場合、歯周病は痛みがなく進行します。(痛みが出る頃にはかなり進行している)
さらに1本の歯にとどまらず、お口全体の歯が歯周病になることが多いのです。
 
自覚症状のない歯周病を予防していくためにも1〜3ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。自分には関係ないと思われている方に是非知っていただきたいことがあります。現在日本の成人の80%が、程度の差はあれ歯周病に罹患しているといわれています。
 
優歯科オフィスでは、最先端の歯周病治療に力を入れて取り組んでおります。お早めにご相談いただければ幸いです。
歯ブラシさえしっかりしていればいいんだ
歯ブラシでは落とせない汚れがあるのをあなたはご存知ですか?
それが、歯石とバイオフィルムです。
 
歯石は歯垢(プラーク)が石灰化してできたもので、表面がザラザラしているため細菌が繁殖しやすく、歯周病の原因にもなります。ですから、定期的に除去する必要があります。
 
バイオフィルムとは、多くの細菌が固まって歯の表面にこびりついた台所のヌルヌル汚れのようなもので、抗菌剤にも抵抗性を示します。歯と歯の間や、歯茎の境目に付着したものは歯ブラシで除去することは困難です。バイオフィルムを放置しておくと、むし歯と歯周病の原因となりますのでこれを定期的に、歯科医院で機械的に取り除く必要があるのです。
 
なお、このバイオフィルムは1度除去しても、3ヶ月程度で再び形成されることが分かっています。そのため、3ヶ月ごとの定期的なメンテナンスが重要になってきます。
Copyright (C) since 2009 You Dental Office All rights reserved.
HOME | メッセージ | STOP院内感染 | 院長紹介 | スタッフ紹介 | 院内紹介 | プレスリリース |
診療の流れ | 予防歯科(小児) | 予防歯科(大人) | 虫歯治療 | 歯周病治療 | 歯科用語解説 |
〒799-3113 愛媛県伊予市米湊431-1 TEL 089-997-3555 お問合せメール 優歯科オフィス