安全、安心を最優先に考え、院内感染防止に力を入れている優歯科オフィス
〒799-3113 愛媛県伊予市米湊431-1
優歯科オフィス電話番号 089-997-3555
松山市 歯科 優歯科オフィス
愛媛県 歯科 メッセージ
歯科 愛媛
愛媛 歯科 院内感染防止対策
松山 歯科 院長紹介
松山市 歯科 スタッフ紹介
歯科 愛媛 院内紹介
松山市 歯科 プレスリリース
歯科 愛媛 診療案内
歯科 愛媛県 診療の流れ
歯科 松山 予防歯科 小児編
歯科 松山市 予防歯科 大人編
松山 愛媛 虫歯の治療
歯周病治療 愛媛ん 松山市
愛媛県 松山 歯科 用語解説
 
愛媛県松山市 歯科 診療時間
松山 愛媛 診療時間 -
松山 歯科 土曜診療時間
休診日 日曜・祝日
院長 新 啓嗣(あたらし けいじ)
皆さんこんにちは。
私は伊予市出身で、天使幼稚園郡中小学校・愛光中学・愛光高校を経て東京歯科大学に入学いたしました。
東京歯科大学は日本初の歯科大学で110年以上の歴史があります。
現在でも、日本の歯科界をリードして指導的な役割を果たしている大学です。
 ● プロフィール
平成7年 東京歯科大学卒業
平成7〜9年 東京歯科大学水道橋病院 口腔外科勤務
平成9〜10年 医療法人社団 内堀会勤務
平成10〜15年 医療法人社団 宏育会勤務
平成17年 優歯科オフィス開業
平成21年 優歯科オフィス内にホワイトニング工房新設
私の記憶が確かならば・・・・・・・
天使幼稚園時代 
とても賢い子供で神童と言われていたはず・・・
(本人の美化された記憶による)
郡中小学校時代
やたらと髪型を気にする肥満児でした。
地元の港南中学に進学すると坊主頭になるため、
私立の愛光中学受験を決意したのです!(今はスキンヘッドですが・・・)
愛光中学時代 
小学校時代の受験勉強の反動もあってか、まったく勉強しなくなりました。
中高一貫教育のため高校受験がないことも災いしたと思います。
愛光高校時代 
高校1年生で立派な天下無敵の落ちこぼれになってしまいました。
当然授業にはついて行けず、毎年留年の危機にさらされたのは言うまでもありません。
 
このころ体重が87キロを超え、さらにブクブクと太りだしました。
勉強はまったく分からなかったので、ひたすら減量に励む日々・・・。
その成果もあって、半年で32キロ痩せ55キロに!
 
卒業時、256名中 252番の成績でかろうじて卒業証書をもらえました。
この後、奇跡的に東京歯科大学に合格してしまったのです。
運だけは強いんです。(裏口入学ではありません)
東京歯科大学時代 
1〜2年生時、授業そっちのけで麻雀にはまってました。
3〜4年生時、少し改心してまじめに授業を聴講するようになりました。
5〜6年生時、なぜか成績優秀者として授業料を一部免除されることになってしまいました。運だけは強いんです。
大学卒業後は東京歯科大学水道橋病院口腔外科に在籍し、来る日も来る日も、患者さんの採血・点滴に追われていました。歯科処置といえば親知らずの抜歯ばかりで、おおよそ、一般開業歯科医とは縁のない世界で2年間過ごしました。
 
その後、都内で歯科医院に勤めながら、様々な学会・講習会に参加し自分の知識・技術を磨く努力を続けました。この頃、多くの著名な先生方との出会いがありました。
 
そんな中で私にもっとも強い影響を与えた歯科医師が、歯科矯正の第一人者・阿部和弘先生でした。彼の矯正術は、歯を抜かないで治すという画期的な方法で、痛くなく、スピーディに治り、自然な口元になるという素晴らしいものでした。この矯正術を自分のものとして身につけたとき、漠然とではありますが、「開業すれば地元歯科医療の向上に貢献できるのではないか。」という思いが湧いてきました。
 
更にもう一人、わたしに大きな影響を与えた歯科医師が、国際歯周内科研究会会長の生田図南先生でした。優歯科オフィスが完全滅菌にこだわり、顕微鏡を用いた最先端の歯周病治療を行うようになったきっかけは、この生田先生との出会いがあったからです。
 
「完成された滅菌システム」と「驚異的な治療成果をあげる内科的歯周治療」を知ったとき以前から「開業すれば地元歯科医療の向上に貢献できるのでは・・・」という漠然とした気持ちが「私が今までにない画期的な歯科医院をつくる!私の目指す歯科医院は必ず患者さんのためになる。」という確信に変わりました。
 
持てる力の全てを注いで、誠心誠意、診療にあたる所存です。
 
無論のこと通常の保険診療も行っています。
保険診療でも可能な限り美しく治すよう心掛けております。
 
お気軽に優歯科オフィスを訪問していただければと思います。
皆様方のご来院を心からお待ちいたしております。
新 啓嗣とは?
出生

私は昭和46年2月19日に 父・博文、母・和香子の長男として東京都渋谷で生まれました。(父母はともに歯科医師で、青山で勤務医をしていたそうです。生後6ヶ月で伊予市に帰ってきたため、当時の記憶はありませんが・・・・。)
 
私は妊娠8ヶ月目の早産で生まれたため、10日間保育器に入っており、そんな小さな私を見て両親は「何とかこの子を大きく育てなければ」と思ったそうです。
 
その結果、私に必要以上のカロリーが・・・・(>^_^<)
私の肥満は、幼少期の育児方針の結果であり、決して私の責任ではありません。
(責任転嫁)

幼少時代
昭和46年8月 新歯科医院開業
 
幼少時、伊予市役所前の新歯科医院に住んでおり、一階が診療所で、二階が住居になっていました。
 
当時は歯科医院が少なかったため、1日に100人近い患者さんがいらしていたようで両親は大忙しでした。
そんなわけで、私はお手伝いの「菅おばちゃん」に育てられたのです。
見よ!貴重な院長のフルヌード!!菅おばちゃんとの2ショット。
3歳になった頃、右奥歯にむし歯ができたため父に治療してもらう。泣く寸前。
3つ違いの弟が生まれる。
かまってほしくて赤ちゃんがえり。
小学生時代

何より給食が大好きで、この頃からほとんど噛まずに早く食べる癖がついてしまいました。
 
何故なら、おかわりをするためには、他の子達より早く食べる必要があったのです。
おかわりできる人数は限られており、生存競争(?)は厳しいのです。
こうして厳しい生存競争を生き抜いた私は、いつの間にか超デブになってしまいました。
 
首がなくなってしまった!・・・・(ToT)/~~~
 
そんな、食欲旺盛な私に更なる危機が迫っていました。
なんと、地元の中学校に進学すると男子は皆、丸坊主にしなければならいという理不尽な(?)校則があったのです。
ヘアスタイルに人一倍こだわりのある私にとって、到底許容できる話ではありません(?)。「丸坊主はいやだ!」という理由だけで、私立愛光中学受験を決意し小学校5年生時より塾通いが始まりました。
 
一生の中でこれほど真剣に勉強した時期はないというくらい必死で勉強したのを覚えています。
中学・高校時代
 
もともと丸坊主になりたくない一心で愛光中学に進学した私には、特別な将来目標などありませんでした。すでに「丸坊主になる必要がない」という一大目標を達成した私に勉学に対する情熱はなかったのです。
 
しかし、周りの同級生は東大・京大などの一流大学を目指して入学してきたエリート集団。
当然のことながら、私は徐々に落ちこぼれていくことになったのです。
 
高校時代は毎年留年しそうになりながら、いつも追試、補習に追われていました。
にもかかわらず、ドラゴンクエストVの発売日には当然のように学校をさぼって買いに走りました。(RPGの魅力には勝てません、今でもやめられません。)
勉強はまったくついていけなくなっていたので、趣味に生きる優雅な生活を送ろうと心に誓っていたように思います(?)。
 
ちょうどその頃、もうひとつの趣味とも言える減量を始めることになりました。
今は亡き・鈴木その子さんの「やせたい人は食べなさい」に影響され、トキノ式ダイエットを始めたのがこの頃です。
ご飯を中心とした日本古来の食事で、徹底的に脂抜きした食生活が半年続きました。
その結果、87キロあった体重が55キロへ。32キロの減量に成功したのです。
 
高校はというと、256名中252番目という成績で何とか卒業することができました。
そして私立・東京歯科大学に入学することになったのです。
 
目玉が飛び出るくらいの入学金を払った両親は、心の底から嘆いたことでしょう。
しかし私は、「東京歯科大学」略して「東大」の学生になったのです。(笑)
Copyright (C) since 2009 You Dental Office All rights reserved.
HOME | メッセージ | STOP院内感染 | 院長紹介 | スタッフ紹介 | 院内紹介 | プレスリリース |
診療の流れ | 予防歯科(小児) | 予防歯科(大人) | 虫歯治療 | 歯周病治療 | 歯科用語解説 |
〒799-3113 愛媛県伊予市米湊431-1 TEL 089-997-3555 お問合せメール 優歯科オフィス