25歳からの虫歯予防【なかの歯科】虫歯の原因 PMTC フッ素 予防歯科 岡山 市 歯科

予防歯科 NAKANO DENTAL CLINIC
なかの歯科クリニック
予防歯科 診療時間 〒700-0074 岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
予防歯科 フリーダイヤル0120-960-471
Tel:086-256-4618
25歳からの虫歯予防
30歳からの歯周病治療
12歳で虫歯ゼロ
妊娠中の方へ
75歳以上の予防歯科
25歳からの虫歯予防 虫歯予防のためには、虫歯の原因を突き止める必要があります
予防歯科 診療のご案内
HOME
25歳からの虫歯予防
30歳からの歯周病治療
12歳で虫歯ゼロ
妊娠中の方へ
75歳以上の予防歯科
笑顔のちから
患者様の声
Q&A
なかの歯科のご案内
医院案内
アクセス
なかの歯科の想い
院長ブログ
予防歯科 問診票
予防歯科 初診の方へ
予防歯科 大人の問診票
予防歯科 子供の問診票
予防歯科の問診票はネットで作成できます
虫歯の原因は?
虫歯を予防するためには、やはりきちんと虫歯の原因を突き止める必要があります。今では「カリオロジー」と呼ばれる虫歯学も発達していて虫歯の原因は明確に判明されています。
虫歯の原因はミュータンス菌を代表とする虫歯菌に感染であり、バイオフィルムの存在なのです。
 「ミュータンス菌」とは?
実はミュータンス菌は虫歯の代表的な細菌ですが、この細菌は感染します。生まれたばかりの赤ちゃんにはほとんど見つからないこのミュータンス菌はいったいどこから来るのでしょうか?
 
このミュータンス菌は歯の表面に強烈に付着する性質がありますので、しっかりとした歯磨きは重要です。
 「バイオフィルム」とは?
ミュータンス菌を中心とした細菌軍団は互いに手を取りスクラムを組んで固まっていることが判っています。
 
この細菌のスクラムをバイオフィルムと呼びますがこのバイオフィルムは強力なバリアで表面に膜が形成されるために通常の歯磨きではこのバイオフィルムを破壊することは不可能です。
 
予防歯科ではこのバイオフィルムを破壊することが大変重要になります。
PMCTって?
細菌の集合対「バイオフィルム」は細菌のスクラムであるために、抗菌剤でも歯磨きでも破壊できないので、機械的にこのバイオフィルムを破壊する必要があります。これがPMTC(プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング)
 
簡単に説明すれば歯科衛生士等が回転器具等の機会を用いてこのバイオフィルムを除去する行為がPMTCと呼ばれる行為です。
 
このPMTCは痛みがなくバイオフィルムを取り除くことができるために「予防最強の武器」とまで言われています。ぜひこのPMTCを当院で体験してみて下さい。
唾液の効果?
歯は体の中で一番硬い組織と言うことをご存知ですか?
しかしその体で一番硬い組織でも虫歯菌の進行で無残にも表面から溶け出してしまうことがあります。これが虫歯と呼ばれる現象ですが、実はこの虫歯を元に戻す、取って置きの方法があるのです。
 
あなたはその取って置きの方法を知りたくはないですか?
 
その虫歯を元に戻す方法とは?
 
それは実は唾液を有効に利用することです。

 
昔足などに怪我をした時に消毒の意味で傷にツバを付けませんでしたか?
実は唾液には細菌から感染を防止する役割と共に虫歯を元に戻す再石灰化という大きな役割があるのです。
この唾液を有効に利用しない手はありません。
フッ素の効果
日本の子供の虫歯は20年前と比較して激減しています。
それでもフィンランドなどの予防先進国と比べるとまだまだ多い日本の虫歯ですが日本の子供の虫歯を減少させた一番大きな理由がフッ素入り歯磨き粉だと言われています。
 
フッ素には歯を強化する働きがあり、お茶の葉や海産物に多く含まれています。
フッ素を歯に塗るとフッ素がハイドロキシアパタイトと言う歯の成分とくっつき、虫歯に抵抗性のあるフルオロアパタイトを形成します。これが虫歯菌に抵抗性を示して強力な歯の表面を作ります。
 
今現在わかっている虫歯予防で一番効果があり強力なものがこのフッ素です。
 
フッ素の使用は2通りあります。
まずはご家庭でフッ素入りの歯磨き粉やスプレーを使って毎日低濃度のフッ素を取り込むこと。
もう1つが1年に3回から4回ほど歯科医院で高濃度のフッ素を歯に塗ること。
 
ダブルの効果を狙いましょう。
Copyright(C) NAKANO DENTAL CLINICAll Rights Reserved.
〒700-0074 岡山県岡山市北区矢坂東町6-1 Tel:086-256-4618 医療法人 なかの歯科クリニック
25歳から | 30歳から | 12歳児虫歯ゼロ | 妊娠中の方 | 75歳以上 | 笑顔ちから | 医院紹介 | 予防歯科TOP