親知らず

親知らず

虫歯の親知らず ―抜くか、治すか

親知らず(第3大臼歯)が虫歯になった。 どうするか?抜くか、治すか。

答え。
  • かむのに役立っているかむのに役立っている
  • 今後は心を入れ替えて、虫歯、歯周病にしない養生に励む

の2条件が揃えば、治します。それ以外なら、抜く方が賢明です。

解説

一番奥の大臼歯の奥に、ときに歯がもう一本生える。第3大臼歯と呼びます。遅く生えるので、親が死んでから生える歯と「親知らず」の名が付きました。

でも、親知らずは生える場所が窮屈で、マトモに生えない人が7割もいます。生えない具合はX線で分かりますが、多くは前の第2大臼歯の方向に、横向きに生え、かむのには役立たちません。そのうえ、親知らずの頭がしばしば第2大臼歯に密着して、境に歯垢(しこう)が溜まり、第2大臼歯まで虫歯になります。

で、「親知らずの虫歯、歯周病は抜く」のが歯科の定説です。無理して残しても、痛いなどの苦労が増えるだけです。しかし以前は、虫歯、歯周病でなくても抜くケースがかなり目立ち、抜きすぎと問題になって、患者たちの「自分の歯を大切にしてほしい」という反発を誘いました。

いまでは歯科医師が、虫歯・歯周病の親知らずの抜歯を、患者に「どうしますか」と聞くことも多いです。以上をお読みなら、「私の親知らずは、かむのに役立ってますか」と聞き返せばよいと、お分かりでしょう。

さて、答えがYESでも第2条件がある。現に虫歯・歯周病になったので、今後はなお危ない。心機一転、間食を減らし、寝る前に磨かないと、苦労ばかりで抜く結果を招きます。

つまり、「歯は抜かずに」が通念だが、虫歯、歯周病の親知らずは例外です
抜かずにおき、他の歯がダメになったら植え替える技法もありまが、植え替えに役立つ機会もマレで、やってくれる歯科が少ないです。

なお親知らずの抜歯は、状況によっては難しい。難しそうだったり、歯科医師が慣れていないようなら、歯科大学か大学歯学部の口腔外科(医学部の口腔外科は違う)が、抜歯専門だし、麻酔もまず完璧で、安全。用心深い人にはお勧めです。

上へ

日本歯周病学会認定 歯周病専門医/歯周病治療/歯石取り/大阪市/梅田